« やるならやらねば | トップページ | サグラダ・ファミリア »

2008年2月27日 (水)

ざるをえない

数日前の春一番から、風の強い日が続く東京。
新宿の高層ビル街を抜ける風は、堰き止められることに反発するかの
ように、元の勢いを増しているようだ。

ビルのガラス戸を押して親子が出てきた。
小学校低学年の男児とその母親か。
「待って。」
外に出た途端、風に押されて走り出した少年に母親が言う。
「走らずにはいられないんだよ。」

お前はプレスリーか!!
こんなときでもお笑いの鍛錬は欠かさないTARAOであった。
(というより、がきんちょの癖にずいぶん巧妙ないい回ししやがるなと
思ったりもした)

そのとき携帯のNewsで見つけた記事。
“バンダイ、卓上ロボ「ハロ」の“OOバージョン”を発売”

「え。ハロってアムロ(not波平)が作ったんじゃなかったの??」
機動戦士ガンダムOOは、見たことがありません。
CMで西暦のお話だということと、モビルスーツが飛んでると言う
認識はありましたが…。

ファーストガンダム(1979年のアニメ)世代のTARAOにとってみれば、
舞台となっている“宇宙世紀”は西暦の後の時代なので、
ガンダムOOの時代は、
「ファーストガンダムより前なんでしょ??」
という認識なので…
 モビルスーツの開発は宇宙世紀の話
 モビルスーツが空を飛ぶ=アムロが地上部隊に大ジャンプしたのが最初
 ハロはアムロが作った(たぶん最初)
ということになるので…OOは、「ヘン」と常々思っていたわけです。

家に帰ってOOでのハロのことを調べてみると…
モビルスーツのサブパイロットやメンテナンスまでするらしい…
「アムロのハロより高機能なんじゃないの…。」

もうちょっと調べてみると、宇宙世紀とOOの西暦は、違う時間の
流れになるのかなと。

宇宙世紀年表によると、一部西暦の記述があり…
 2045年にコロニーの建造が始まる
 宇宙移民が開始されたことをもって宇宙世紀(U.C)へ移行
OOは西暦2300年代のお話のようであり…
コロニー作るのに200年もかかるわけもなく…

比較的最近(??そうか??)、人気が出たガンダムSEEDシリーズの
舞台は、コズミック・イラという宇宙世紀とは違う時代。

ファーストガンダムの流れを汲むのは、Z・ZZ・逆襲のシャア…
とりあえず同じ宇宙世紀のF91・V…
まぁこの辺のコトは、今のガンダム世代の方が詳しいのでしょう。

と、ただのフィクションにそんなにこだわるなと思ったりもするわけです。



冒頭のプレスリーの話に戻って…

純粋な日本人であるTARAOにとっては、プレスリーと言うと、
吉幾三を思い浮かべます。(←そういう人少ないと思います)
「俺はぜったいプレスリー」と言う歌があったのですよ。

ですが、ここは本家のプレスリーをば。
Can't Help Falling In Love (愛さずにはいられない)
http://www.youtube.com/watch?v=fq-ZMVkJDJ0

ちなみに…
@niftyの翻訳でCan't Help Falling In Loveを訳させると…
「ラブに落ちざるをえない」…。(←なんだそれ)

|

« やるならやらねば | トップページ | サグラダ・ファミリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146403/40294692

この記事へのトラックバック一覧です: ざるをえない:

« やるならやらねば | トップページ | サグラダ・ファミリア »